スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛国」という名のお米

丸森町の棚田丸森町の棚田

 「愛国」というお米を知っていますか?
明治時代に作られた品種で、昭和の初めごろまで沢山栽培されました。

愛国(あいこく)は、日本産の米の品種である。細かくは早生愛国、中生愛国、晩生愛国など多数の品種がある。明治から昭和初期まで日本の米の三大品種の一つであったが、21世紀現在では酒造のために少量が生産されるのみとなっている。

愛国の特長は、多肥によって収量を多く上げ、病害虫に強く、早生種は冷害にも強い点である。明治時代には亀の尾、神力とともに米の三大品種とされ、1930年代まで東日本で盛んに作られた。しかし、味が悪く、他品種より安値をつけるのが欠点であった。そのため大正時代には他の品種に置き換えられて自家消費用に回り、昭和に入ると消えていった。

陸羽20号は、愛国から純系分離されたもので、陸羽20号と亀の尾4号から生まれた陸羽132号が、農林1号を経由してコシヒカリやササニシキの祖となった。

参考文献 [編集]
山本金次郎・編『宮城県名勝地誌』、宮城県教育会、1931年。


このお米を作ったのは、本多三學という、宮城県丸森町の人です。三學はもともと養蚕業を営んでいました。明治の富国強兵の政策のもとで、三學は「寒さに強く、丈夫で、しかも収穫高の多い米が欲しい」と思っていました。

ある時、静岡に丈夫な稲があるとの情報を手に入れ、三學は静岡に種籾を分けてもらいに行きました。その種籾を元に、寒さに強い東北の米を掛け合わせて新しい品種の米を作ったところ、三學の理想の米が出来たのです。

三學は、その新しい米を「愛国」と名づけました。ここに「ささにしき」「こしひかり」の先祖が誕生したのです。明治維新を経て、西洋の新しい技術、文化を吸収して、どんどんと成長していく祖国に、大きな誇りと希望を持っていたのかもしれません。

「愛国」の栽培はその優れた特徴故、またたくまに広がりました。三學はその後県会議員もつとめ、天寿を全うします。

「愛国」の欠点は味が悪いことだったので、昭和以降、品種改良でより良い米ができるとともに、食卓に上ることはなくなりました。しかし近年、酒造米として見直され、「幻の米・愛国」の栽培が復活しています。出来たお酒の評判も上々のようです。

明治時代の先人が、試行錯誤の末に生み出した「愛国」という名のお米。これが生まれていなければ、「ひとめぼれ」も「こしひかり」も私たちのお腹に入ることはありませんでした。今の日本のお米のほとんどが、「愛国」の子孫なのです。まさに「国を愛するお米」だったのですね。


丸森町観光案内
http://www.marumori.net/
スポンサーサイト

テーマ : 雑学・情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

まさに豊葦原瑞穂の国なんですね。稲作、お米を大切にしなくちゃね。マドンナも玄米を食べているらしい。

やかんなめさん、ようこそいらさいませ(^ω^)
「愛国」ってネーミングセンスがいかにもですね。

マドンナさんはマクロビオティック信者でしたっけ?
これも日本人が提唱してるんですよね。

お米ばんざーいヽ( ・∀・)ノ

マドンナさん、子どもがアレルギーで、マクロビでよくなったので、自分も始めたらしい。腸の短い白人が米食べて、しかも玄米、
大丈夫なのかとちょっと心配。

私もマクロビ信者だよ。

すごくよく噛まないと、消化が大変そう・・・。欧米人用にアレンジされてるのかな?マドンナさんのとこのお抱え料理人が日本人なんですよね!

なおみさんもマクロビやってるんですか~。私もなるべく玄米、大豆製品とかを中心に、お肉はあまり食べないようにしてます~。でもケーキとか食べちゃうからダメ・・・_ノフ○ グッタリ
キター!

キター

plugin by F.B

プロフィール

aoko

Author:aoko
あおこのブログへようこそ!
上の(゚∀゚)ボタンを押してから読むと、より楽しんでいただけるかもしれません。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
( ´∀`)人(´∀` )
リンク
ブロとも一覧

ダメ人間のつぶやき
We Love Japan
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。