スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝青龍関の引退と貴乃花親方

          20081202205608.jpg

朝青龍関引退の報道には一抹の寂しさを感じました。良きにしろ悪しきにしろ、近年の角界の盛り上げに一役買ってくれていたことは確かですからね。

なんと言っても「このキムチ野郎!」発言には胸がすーっとすく思いでした。今の日本人には絶対に言えない一言です。失礼な態度をとる朝鮮人記者に、ズバッと言えたのは朝青龍関がモンゴル人だったからこそ。この時、私は朝青龍関がマレビトに見えたほど。

以前から書いていますが、相撲は日本の神事です。角界と日本の社会情勢はシンクロします。心から日本を思う角力が祈りをこめてとる相撲こそ、本来の相撲の姿なのです。

時をほぼ同じくして、貴乃花親方の相撲協会理事就任も決まりました。貴乃花親方はこう言っています。

「神社の境内での子供たちの相撲大会などを復活させたい。」

改革派として、ナイター導入や相撲学校設立などの案を持っているとのことですが、貴乃花親方の主張の根底にあるのは「相撲道」の復活、ひいては日教組の方針と真っ向から対峙する「日本人としての民族帰属意識を高める」ことにあると、私は感じるのです。(親方本人がそう認識してるかどうかは別として・・・。)

今回、見事に新理事となった貴乃花親方の最初の仕事は、朝青龍関の処遇に関することでした。日本人のアイデンティティ確立を目指す人が、問題のある外国人の処分を行った。偶然とはいえ、いかにも象徴的な出来事だったように思います。

いろいろと騒がしいことが多かった横綱・朝青龍関。彼の存在が日本とモンゴルの友好関係に多大な貢献をしたことは間違いのない事実です。今後どうするのか解りませんが、ドルジなら何をやっても成功しそうな気もします。

ひとまずは、横綱、お疲れさまでした(^ω^)


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 日本人論
ジャンル : 政治・経済

キター!

キター

plugin by F.B

プロフィール

aoko

Author:aoko
あおこのブログへようこそ!
上の(゚∀゚)ボタンを押してから読むと、より楽しんでいただけるかもしれません。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
( ´∀`)人(´∀` )
リンク
ブロとも一覧

ダメ人間のつぶやき
We Love Japan
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。