スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は「南京!南京!」が日本公開予定です。

今年は例の支那プロパガンダ映画「南京!南京!」が満を持して公開される予定だそうです。

日本人は鬼畜なのか?人の心を持つのか?南京大虐殺を描く映画がついに日本で配給決定!
http://www.cinematoday.jp/page/N0019790

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 1937年の日中戦における日本軍の南京攻略を描いた陸川監督『南京!南京!』が、日本公開されることがわかった。

(中略) 
 
「どこまでが真実で、どこまでがフィクションなのか?」の問いに、陸監督は「この映画は企画の立ち上げから完成まで4年かかってます。その間、私は何度も日中を往復し、ある元日本兵にもインタビューしたり、彼らが残した日記や膨大な数のプライベート写真など、徹底的にリサーチしました。なので、あくまで真実がベース。唯一、フィクションがあるとすれば映画の後半、南京を政略した日本兵たちが儀式をするシーンのみ。あれは(天皇を崇める)メタファーとして取り入れました」と説明した。


クイズコーナー「まちがい探し“あくまで真実がベース”」

Q1.おや?下の南京写真、よくみるとどこか変なところがあるみたい?探してみよう!


chinese1.gif


seilor.gif


yarase1.gif


唯一、フィクションがあるとすれば映画の後半、南京を政略した日本兵たちが儀式をするシーンのみ。by 陸


儀式ってこういうのとか
孫文の像

こういうやつのことですか(・∀・)?
中国無名戦士の墓

 また、日中両方の視点から描いた理由については「あの戦争で何があったのか。両方の視点で描くことが真実を正確に伝えることが出来ると思ったのです。そのために私は、中国で裏切り者と言われていますが、私は多くの中国の戦争映画で見られるような、日本人を鬼畜として描きたくなかった。なぜなら、私は元日本兵の日記を読んだ時、人間の心を感じたからです。この映画は、決して日本人を批判するために作ったものではない。この映画をきっかけに、お互いの史実を見直す、日中の架け橋になることを願ってます」と語った。


soviethei1.gif

 │  アイヤー! 小日本、ワタシの言うこと信じないアル!!! │
   \_____ ______________/
            ∨   
           ∧∧
       .. ' '/ 中\
      ,;;:: (;`ハ⊂ヽ
       ,;::⊂     ノ
           人  Y
          レ (__)
 

では、「南京!南京!」をちょっと視てみましょうか(´∀`)


「南京!南京!」なぞに払う金はないわ!という方はクリックお願いします(´∀`)人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 政治・経済

【誰得?】「南京で大虐殺」認定 日中共同研究

「南京で大虐殺」認定 規模は今後の課題 日中共同研究
http://www.asahi.com/national/update/1223/TKY200912230377.html

南京大虐殺については「大規模な虐殺行為であることを認めこれを討論した」と明記。ただ、規模、原因、背景などについては「深く追究する必要がある」とした。

 虐殺の規模をめぐっては、中国の大虐殺記念館が「30万人」と表示。日本の研究者の間では「数万~20万人」などの諸説があり、虐殺そのものを否定する研究者もいる。日本政府は「多くの非戦闘員の殺害や略奪行為などがあったことは否定できない」としつつも、犠牲者数について「諸説あり、政府として正しい数を認定することは困難」との見解を示している。


(;^ω^)朝日新聞が嬉々として報道してますが、そんなに嬉しいか?

( ・∀・ ) いちいち支那人に余計な恨み募らさせるばっかりだろ

(;^ω^)犠牲者数「諸説あり、政府として正しい数を認定することは困難」って言ってるのに、「大虐殺」認定とはこれいかに?

( ・∀・ ) 大体、「無い」という証明ができるか?悪魔の証明になっちゃうから、言ったもん勝ちってことだな

南京事件を最初に世界に知らしめたのは、オーストラリア国籍の記者、ティンパーリーの 書いた“What War Means : the Japanese Terror in China”という書籍である。

南京事件の翌年の1938年に早くも出版された。ちなみに彼は英国のマンチェスター・ ガーディアンの中国特派員だった。

一流紙の特派員で、中国とも日本とも関係のない第三国の人物による書籍との触れ込みで、 彼の書籍には信頼が寄せられ、残虐行為の有力な証拠ともなった。南京大虐殺の日本断罪は、 この書物から始まったともいえるのだ。

北村氏が発掘した事実は、ティンパーリーの隠された素顔に関するものだ。じつは彼は公平な ジャーナリストなどではなく、蒋介石の国民党の対外宣伝工作に従事していたというのである。

上の事実は『新「南京大虐殺」のまぼろし』(飛鳥新社)を書いた鈴木明氏も指摘しているが、 北村氏はさらに調査を進めてさらなる新資料にたどりついた。そのうちの一つは国民党中央 宣伝処の曾虚白処長の自伝だ。自伝のなかで曾は次のように書いている。

「ティンパーリーは都合のよいことに、我々が上海で抗日国際宣伝を展開していた時に上海の 『抗戦委員会』に参加していた三人の重要人物のうちの一人であった。(中略)我々は秘密裡に 長時間の協議を行い、国際宣伝処の初期の海外宣伝網計画を決定した。我々は目下の国際宣伝に おいては中国人は絶対に顔を出すべきではなく、国際友人を捜して我々の代弁者になって もらわねばならないと決定した。ティンパーリーは理想的人選であった。かくして我々は手始めに、 金を使ってティンパーリー本人とティンパーリー経由でスマイスに依頼して、日本軍の大虐殺の 目撃記録として2冊の本を書いてもらい、発行することを決定した

こうして極めてタイムリーに日本断罪の書が出版されていった。公平な第三者の著作のはずが、 じつは国民党宣伝部の資金を受けていた人物によって書かれたものだったのだ。それが元に なって南京大虐殺説が生まれてきた。
http://www.yoshiko-sakurai.jp/works/works_diamond_011201.html


(;^ω^)・・・・FA?

( ・∀・ ) 抗議先はココ↓↓↓ 報告書の全文を公開せよ!!

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/rekishi_kk.html

日本人よ、支那のプロパガンダに屈することなかれ!

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

南京映画上映後日談(デムパ注意!)

南京虐殺映画4本一挙上映に警察が会場を厳重警備!新右翼団体鈴木氏が盾になる?
http://www.cinematoday.jp/page/N0021292

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 日本ではなかなか上映されない南京大虐殺事件をテーマにした「南京・史実を守る映画祭」が13日、東京・世田谷区民会館ホールで行われた。
(中略)
 また記念シンポジウムも行われ、同映画祭実行委員会の荒川美智代さん、ドキュメンタリー映画『南京・引き裂かれた記憶』の武田倫和監督、新右翼団体「一水会」顧問の鈴木邦男氏が登壇し、約200人の観客が詰め掛けた。

 今回の映画祭は荒川さんたちが「待てど暮らせど公開されないのなら、自分たちで上映するしかない」と企画したもの。いまだ史実をめぐって論争の絶えない題材だけに、この日は万が一に備えて所轄警察署などが会場を警備。(注1)しかし抗議や妨害などのトラブルはなく、むしろ「参加したいという方から『当日は覚悟して行きます』という電話をいただいた」(荒川さん)という。
(中略)
鈴木氏は「(武田監督の)映画を観て思ったのは、(元日本軍兵士の)証言者が加害者ではなく、自分も被害者であると思っているんですよね。自分たちはあの戦争で兵にとられ、悪魔的な時代の中で命令されてやったのだと。被害者として安心してしゃべっているから見ていてちょっとムカッとした。(注2)息子に母親を強姦(ごうかん)させたり、銃弾がもったいないからと一つの建物に人を集めて蒸し焼きにしたとかひどすぎる。(注3)さらには、若い兵隊が集まっているんだから(強姦は)当然だろうみたいなことも言っている。それは今の保守派の人たちの理論と同じですよね。(注4)
 
その一方で左翼の人たちが、犠牲者は30万~40万人いたと、一般の人の理解を得るために話を誇大にしますよね。(注5)僕はそんなに多くはないと思うけど、例え1万人でも虐殺は虐殺です。(中略)
確かに『南京・引き裂かれた記憶』のように、戦争の暗黒面や恥部を見せられるのはキツイですよね。学校の授業でも、(このあたりの)近代史は教えないでしょう。でもそれ以前の歴史はテレビで見ればいい。その分、日清・日露・大東亜戦争をきちんと学んだ方がいいと思う。そしてなぜ、こういうくだらない戦争をやったのか? (注6)二度と起きてはいけない事だと思うので、何度も検証すべきではないかと思うんです」と歴史教育における持論を展開した。

最後に司会者が「実はシンポジウムを開催するにあたりいろんな方に声を掛けたが断られました。なのに、鈴木さんの立場でよく参加して下さいました」と感謝の言葉を述べると、鈴木氏は「僕だって(参加するのは)怖いですよ。右翼にとって僕は裏切り者になりますからね。(注7)ヤケになって出てきてます」と苦笑い。(後略)


では、この鈴木邦男氏(右翼)のお話などを見ていきましょう。

(注1)万が一に備えて所轄警察署などが会場を警備  
「万が一」って右翼の抗議でしょうか?でも鈴木さんが右翼だったせいか、なにも無くて良かったですね。

(注2)被害者として安心してしゃべっているから見ていてちょっとムカッとした。  
そう、彼らにとって、戦争は青春時代の遠い思い出です。70年も前のことなのです。青春時代の感覚で「正直な」話をされれば、大人はムカッときて当然ですね。

(注3)息子に母親を強姦(ごうかん)させたり、銃弾がもったいないからと一つの建物に人を集めて蒸し焼きにしたとかひどすぎる
李氏朝鮮の王様が、実の弟を蒸し焼きで殺したことがありましたっけ。それと同じことをやったのなら、本当にひどすぎます。

(注4)それは今の保守派の人たちの理論と同じですよね。   
確かに、今の若い朝鮮男が集まれば、強姦は当然でしょう。
 
(注5)左翼の人たちが、犠牲者は30万~40万人いたと、一般の人の理解を得るために話を誇大にしますよね  
一般の人の理解を得るためには、わかりやすく30倍、40倍ぐらい大げさに言ったほうがいいでしょう。

(注6)そしてなぜ、こういうくだらない戦争をやったのか?
こんなくだらない戦争はやらずに、アジア、アフリカ各国は欧米の植民地でいたほうが、幸せだったかもしれません。 

(注7)僕だって(参加するのは)怖いですよ。右翼にとって僕は裏切り者になりますからね   
心配無用です。あなた骨の髄まで反日サヨクですから。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

日心会「ブログで南京祭り」会場(仮)

みなさんこんにちは。

こちらは「日本の心を伝える会」主催の「ブログで南京祭り」会場でございます。

さあさあ、どちらからでも結構ですので、のぞいていってくださいな!!



ねずきちのひとりごと
南京大虐殺というデタラメ
http://nezu621.blog7.fc2.com/

猫之蔵さん
南京事件を捏造する者たちへ
http://blogs.yahoo.co.jp/pipewrench_i_f/23167298.html

ヤンカーさん
南京事件についてガツン!
http://jancker.blog11.fc2.com/blog-entry-65.html
嘘つきは泥棒の始まり・・・ではなく嘘つきは「腰抜けの始まり」
http://jancker.blog11.fc2.com/blog-entry-57.html

islandさん
【ブログで南京祭り】南京大虐殺のウソ
http://ds-island.seesaa.net/

銀時さん
中国優遇民主党と反日南京映画!
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-356.html

政さん
南京!南京!※フィクションです。って事実
http://blogri.jp/mayuryou1025/entry/1260582749/?ssd=fdc38589074c
(上記別館)
http://mblg.tv/mayuryou1025/

異丸。さん(外部よりご参加)
「日本は南京大虐殺した!謝れ!」「…意味わかんない」
http://blogri.jp/mimoxxx/entry/1260582093/?ssd=fdc38589074ccf8266

togyoさん
「ブログで南京祭り」なぜ南京大虐殺は捏造されたのか?
http://blog.livedoor.jp/togyo2009/archives/51577762.html
「ブログで南京祭り」南京・史実を守る映画祭
http://blog.livedoor.jp/togyo2009/archives/51577862.html

ミリアさん
南京嘘映画は中国の大失敗
http://blogs.yahoo.co.jp/miria_miria_desk/4804351.html

なおみさん
南京大虐殺、史実か捏造か?
http://yakannname.blog111.fc2.com/

あおこ
「南京・史実を守る映画祭」開催
http://blogs.yahoo.co.jp/aoiqqq3/4744064.html#4744064
「南京・史実を守る映画祭」 (・∀・)ニヤニヤ
http://boyaki-room.cocolog-nifty.com/siro/2009/12/post-d61b.html

みんなのチカラで日本を再生!
「日本の心をつたえる会」
は、草の根徳育推進を行う会です。

http://nippon-kokoro.txt-nifty.com/blog/2010/01/post-7d9c.html

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

キター!

キター

plugin by F.B

プロフィール

aoko

Author:aoko
あおこのブログへようこそ!
上の(゚∀゚)ボタンを押してから読むと、より楽しんでいただけるかもしれません。

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
( ´∀`)人(´∀` )
リンク
ブロとも一覧

ダメ人間のつぶやき
We Love Japan
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。